横浜ビル建材 > 新規事業 > トッラップキーパー

新規事業ご紹介

トッラップキーパー

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得
封水蒸発防止液「トラップキーパー」
住宅及び事務所,店舗等の排水管には「建築基準法」に基づき下水からの臭気及び害虫の侵入を防ぐため 「排水トラップ」が設置されています。これは排水された水が一定の量、常に貯まる構造になっており、これを「封水」と呼び悪臭及 害虫の侵入を防ぐ役割をしています。
ところが入居者が退去し空室状態が長くなると「排水トラップ」内の「封水」が蒸発し排水管の悪臭及び害虫等の侵入が発生し、入居者が決まった時、 クロスの貼り替えを必要とする等の被害につながります。(季節及び部屋の環境にも因りますが、早くて2週間遅くても一ヶ月位で「封水」は蒸発してしまいます)
製品情報
すぐれた特長
  • 悪臭&害虫をカット
    排水口からの悪臭や害虫を1年間カット
  • 定期管理の人件費を大幅カット
    排水口への水足し作業が不要になり、人件費を大幅削減
  • ラクラク作業
    よく振ってから一箇所に50CCを流し込むだけ
  • 安全成分&除菌効果で安心
    人体に安全で、しかも除菌&消臭効果
  • 環境にやさしい
    生分解率91.7%(日本食品油脂検査協会調べ)
トラップキーパー カタログ